ヒロド歩美アナの身長や国籍は?ハーフ?なぜカタカナなの?英語は得意?

朝日放送テレビ女性アナウンサーヒロド歩美の身長や国籍は?ハーフ?なぜカタカナなの?アナウンサー

朝日放送テレビ女性アナウンサーのヒロド歩美(ひろど あゆみ)さん。

今や朝日放送テレビ(ABC)の看板アナウンサーとして活躍されています。

そんなヒロド歩美アナウンサーの身長や国籍について、また、なぜ名前がカタカナなのか、ハーフなのか、そして英語は得意なのか、色々気になることを調べてみました。

朝日放送テレビ女性アナウンサーヒロド歩美ってどんな人物?

ヒロド歩美さんは、大阪の朝日放送テレビ(ABC)に所属している女性アナウンサーです。

ヒロド歩美アナウンサーは苗字がカタカナなので、「いったい何者なの?何人?なぜカタカナなの?」と疑問に思っている人が多いようです。

そこで、毎度お馴染みWikipediaを参照しながら、ヒロド歩美さんのプロフィール経歴について詳しく見ていきたいと思います。

ヒロド歩美アナウンサーのプロフィール(生年月日・年齢・星座・血液型・身長)【Wikipedia参照】

まずは簡単にヒロド歩美アナウンサーの簡単なプロフィールから見ていきましょう。

ヒロド歩美 プロフィール

生年月日:1991年10月25日
年齢:27歳
血液型:O型
身長:164cm
星座:さそり座
愛称(ニックネーム):ひろどん、Vicky(ビッキー)
座右の銘:背伸びは禁止!
所属:朝日放送テレビ(2014年~)

ヒロド歩美アナウンサーは1991年10月25日生まれ

年齢は現時点で27歳で、身長164cmです。

ちなみに大阪府高石市出身のプロ野球選手、千葉ロッテマリーンズ所属の三木 亮(みき りょう)選手も同じ1991年10月25日生まれです。

星座はさそり座で血液型はO型

ひろどんVicky(ビッキー)などの愛称(ニックネーム)で親しまれています。(なぜビッキーなのかは後でわかります!)

座右の銘は、「背伸びは禁止!」だそうです。

ヒロド歩美アナは陽気で外交的な性格。

一見強くてしっかりしてそうなイメージですが、実は寂しがり屋で怖がりなところもあるそうです。

そのギャップがまた魅力的ですね。

趣味はお喋り、笑うこと、英会話、睡眠、スポーツ、歩くこと、ショッピング、パンケーキの食べ歩き。

特技は六甲おろしを英語で歌える、イギリス英語・アメリカ英語・オーストラリア英語を話せる、ヨット競技、スポーツ全般だそうです。

現在は朝日放送テレビの女性アナウンサーとして活動しています。

ヒロド歩美アナがアナウンサーになろうと思ったきっかけは、「祖母が私の声を聞くと元気が出ると言ってくれたことが、アナウンサーになろうと思ったきっかけ。自分の声で多くの方に元気を
届けたい。」とのことでした。

確かにヒロド歩美アナの声は明るくはきはきしていて、人を元気づけるパワーがありますよね。

熱愛報道をされたこともありますが、結婚はまだしておらず、今現在独身です。

ヒロド歩美アナウンサーの本名は?苗字はなぜカタカナなの?

「ヒロド歩美」という名前を見てまず気になるのは苗字でしょう。

苗字「ヒロド」がカタカナ表記なので、芸名なのか、ハーフなのか、疑問に思いますよね。

調べてみると、ヒロド歩美アナの本名はヒロド・ビクトリア・歩美でした。

ミドルネームが入っていてカッコイイですね!

先程のビッキーという愛称(ニックネーム)は、ビクトリアからきているんですね。

ちなみに日本では「廣戸歩美」という名義になるみたいです。

本名にミドルネームがあり、でも廣戸は日本人の名前なのにカタカナ…となると、「ヒロド歩美アナは外国人なの?ハーフなの?」と新たな疑問がわいてきます。

では、ヒロド歩美アナは何人なのでしょう。

ヒロド歩美アナウンサーは何人?国籍は?

ヒロド歩美アナウンサーは何人なのか、国籍はどこなのか、ということですが、結論から言うと、国籍はオーストラリアで日本人です。

「え?どういうこと?」となると思いますので説明しますと、ヒロド歩美アナのお父様は“日系オーストラリア人3世”で、お母様が日本人なんです。

日系オーストラリア人というのは、オーストラリアに移住した、もしくはオーストラリアで生まれた“日本人”のことです。

なので、ヒロド歩美アナは国籍はオーストラリアなので戸籍上はハーフなのですが、純粋な日本人の血が流れている、ということなんですね。

お父様が日系オーストラリア人なので苗字は“Hirodo(ヒロド)”、名前は日本人らしく「歩美」と付けられた、というわけです。

というわけで、お父様の実家はオーストラリアにあります。

現在Wikipediaによると、ヒロド歩美アナの国籍は“日本”ということになっています。情報が間違っているのか、それとも日本国籍を取得したのか、今のところ不明です。

ヒロド歩美アナウンサーの出身地は?実家はどこ?兄弟はいる?

国籍がオーストラリアで、お父様の実家がオーストラリアにある、ということなので、ヒロド歩美アナの出身地もオーストラリアなのかと思いきや、実は日本生まれ、兵庫県宝塚市の出身なんですね。

バリバリの関西人です(笑)。(関西弁も聞いてみたい。。)

ヒロド歩美アナは小学生の時に数か月間オーストラリアに滞在したことがあるくらいで、生まれてからほとんど日本で暮らしています。

兄弟に関してですが、過去のブログにお兄さんが登場しています。

ヒロド歩美アナウンサーの小学校・中学校時代

ヒロド歩美アナは小学2年生の時に9ヶ月間オーストラリアでの生活を経験しています。

小学4年生から中学2年生まではヨット競技の選手で、2003年にはジュニアヨット大会(第28回舵杯ヨットレース)で優勝するほどの腕前。

中学生から高校生の間はバレーボールをやっていました。

小さい頃からスポーツ万能だったんですね。

ヒロド歩美アナウンサーの学歴(高校)

ヒロド歩美アナの出身高校は小林聖心女子学院高等学校です。

小林聖心女子学院(おばやしせいしんじょしがくいん)は、兵庫県宝塚市塔の町にある小中高一貫教育の私立の女子校で、カトリック系のミッションスクールです。

小学校、中学校、高等学校の12年間を3つのステージに区分した4・4・4制のカリキュラムを導入しているので、ヒロド歩美アナも小学校から小林聖心女子学院だったのではないかと憶測できます。

地元では“お嬢様学校”というイメージが強いそうです。

卒業生に上山千穂アナウンサー(テレビ朝日)、椿原慶子アナウンサー(フジテレビ)、乾麻梨子アナウンサー(朝日放送テレビ)、亀井京子アナウンサー(元テレビ東京)がいます。

また、大人気K-popアイドル、TWICEメンバーのミナ(名井南)が通っていた学校としても知られています。

ヒロド歩美アナは高校時代、英語のスピーチコンテスト近畿大会で優勝、全国大会で3位という実績を残しています。

学生時代から英語が得意だったんですね。

ヒロド歩美アナウンサーの学歴(大学)

ヒロド歩美アナは小林聖心女子学院高等学校を卒業後、難関大学である早稲田大学国際教養学部国際教養学科に入学します。

勉学に励む傍ら、2010年、大学1年生の時には早稲田祭「早稲田コレクション2010」でファイナリストに選出、また2012年11月、大学3年生の時には「ミス・ユニバース・ジャパン千葉大会」でベストパーソナリティ賞を受賞するなど、華々しい経歴を持っています。

また、2011年、大学2年生の時に、テレビ朝日「学生才能発掘バラエティ 学生HEROES!」の恋愛トークバトル企画に出演したこともあります。

大学生時代はオーストラリアのメルボルン大学への留学も経験しています。

そして大学卒業後の2014年4月に、朝日放送(ABC)にアナウンサーとして入社。

同年7月には、『速報!甲子園への道』全国ネットパートのキャスターとしてデビューを果たします。

同期は川添佳穂(かわぞえ かほ)アナウンサーです。

ヒロド歩美アナウンサーの英語力

ヒロド歩美アナは、日本生まれ日本育ちですが、英語も堪能です。

高校生の時には英語のスピーチコンテスト近畿大会で優勝、全国大会で3位という結果を残していますし、大学生の時には海外留学も経験しています。

ご本人曰く、イギリス英語・アメリカ英語・オーストラリア英語を使いこなせるそうです。

またヒロド歩美アナは阪神タイガースファンで、英語で「六甲おろし」を歌うことが特技。

外国人のプロ野球選手にも物おじせず英語でインタビューを行っています。

(というかこの動画のオープニングのヒヨコ、可愛すぎませんか…?)

まとめ

朝日放送テレビ(ABC)入局時は“ABCテレビの滝川クリステル”と呼ばれ、今や“西のカトパン”とも称される程の人気と実力を兼ね備えたヒロド歩美アナウンサー。

スポーツ万能、才色兼備の娘さんでご両親もきっと鼻高々ですね。

今後の活躍にも注目していきたいと思います。

以上、ヒロド歩美アナの経歴・プロフィール(生年月日・年齢・星座・血液型・身長)、本名と国籍、出身地、学歴についてのまとめでした。

 

参考 ヒロド歩美 – Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました